塗り壁大好き


by eiki-819

<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

僕にできること…!?

僕が前々から気になってた映画があります

「闇の子供たち」 と言ういう、江口洋介と宮崎あおいの映画です

映画館で見たかったのですが、結局見に行きませんでした

先日ツタヤに行くと、新作レンタルであったので借りて見ました。

すごく衝撃的でした・・・

言葉も出ないほどに・・・

人身売買をテーマとした内容です。

「人身売買」 と聞くならば、みなさんはどういった事をイメージされますか?

僕が思いつくのは、大人たちによる売春目的の、子供狙いの人身売買、労働者を目的とした人身売買。

映画の内容は子供が売られるものでした。

タイの子供を、世界中の大人達が売春しにくる内容で、小さい少女から少年まで、お金と引き換えに自分の欲を満たすというフィクションではなく現実の話だそうです。

こんな環境なばかりにエイズになる子供が後を絶たないらしく、エイズになり売春婦としての価値がなくなれば生ゴミと一緒に、大きな袋に入れゴミ収集車に放り込むそうです。。

とても日本ではありえません、でも現実の話です。

エイズになり子供が捨てられれば、貧しい村に行き、親にお金を渡してまたあらたな売春婦として子供を買いに行く、、、それの繰り返しだそうです、、、
もう一つ驚いたのが、臓器移植のための人身売買、、、

心臓移植、、、ドナーはどういった時に提供できるかご存知ですか?

僕もはっきりとは分かりませんが、心臓は動いてても脳は死んでるという脳死状態、つまり植物状態になった時、親族の了承をえてから心臓を摘出できるという手術です。。

しかしタイでは親から売られた子供の心臓を移植するのです。。

心臓が弱ってすぐにでも心臓移植が必要な子供に、健康なタイの子供の心臓を提供するわけです。

つまり、生きたままの体から、心臓を取り出し、他の子に移植する、、、

タイの子供の命と引き換えに、他の子を命を生かすわけです。

人の命をお金で買うわけです。

ちなみにタイの子供の命を買ったのは日本人でした、、、

こんな悲しい現実をなくすためにはどうしたらいいか?

僕が出来ることは何か?

僕なりに考えました。

まずは知る事だと思います。

一人でも多くの人がこの現実を知ることが解決に繋がる糸口だと思います。

もし機会があればご覧になってみてください!
[PR]
by eiki-819 | 2009-04-27 21:13 | ~思う心

左官笑顔求

仕事中、おしゃべりをしたくなる僕です。 現場が暗いのが嫌いな僕です。 けっしてふざけているのではありません。 コミュニケーションを大事にしていきたいと思う僕です。 そんな時、必ず誰にでも聞くのが、”左官の基本って何ですか?“
答えはみんなそれぞれです。なにが正解かはわかりません。そんな中、感動した答えがありました。”お客様を喜ばす事!”
…………
………………………
し~ん!みんな硬直状態です。
絶対そんな事を言うような方には見えないのですが、話を聞いているとすごく納得しました。僕はその言葉を心に刻み込んでまた明日からアレの時もがんばります。Sさんありがとうございました。また明日も10時と3時よろしくお願い致します。
アレさんもよろしくお願い致します。
[PR]
by eiki-819 | 2009-04-17 22:44 | ~思う心