塗り壁大好き


by eiki-819

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

下地も様々

僕らが仕事をする上でいろいろなパターンがある。

今回はサイディング下地。

サイディングの上に塗る材料はいろいろあるが、ポイントはやっぱり目地処理。
f0051135_19233022.jpg


目地にゴミ、ほこりなどついてるのを取り除き、シーラー処理。
f0051135_19251342.jpg

樹脂モルにて目地埋め。ゴム鏝による充填が1番いいと僕は考える。
f0051135_19374351.jpg

ネット処理!下地処理には欠かせません。

壁の仕上がりはもちろんですが、しっかりとした下地処理をしておく事がいい壁の仕上がりへの第1歩!

下地に似合った施工法を・・・
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-31 19:43 | 建築左官

事件後の展開!

 耐震強度偽装問題で構造計算書を偽造していた姉歯秀次元1級建築士(48)の妻(49)が28日、千葉県市川市富浜のマンションから飛び降り自殺した。行徳署の調べでは、マンションの最上階の7階廊下から手すりを乗り越えて飛び降り、車の屋根に落ちたという。2月に取材に対し、「秀次は(自宅に)いません。いつ帰ってくるか、どこにいるかも分かりません」と疲れ切った様子で話した妻。周辺住民によると、事件発覚前から、うつ病を患い、入退院を繰り返していたという。

 調べによると、28日午前5時50分ごろ、千葉県市川市富浜のマンション駐車場で、会社員男性(44)が自分の車に乗ろうとしたところ、車のサンルーフが壊れていた。車内で女性が頭から血を流して倒れており、管理人を通じ、119番したという。女性は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 その後の調べで、この女性が姉歯元建築士の妻であることが判明。行徳署ではマンションの7階から飛び降り、駐車中の車に落下した自殺とみて調べている。現場マンションや約150メートル南にある姉歯元建築士の自宅から、遺書などは見つかっていない。

 マンション玄関はオートロックではなく自動ドアとなっており、誰でもエレベーターや階段で7階まで上れる構造になっていた。事件後、現場周辺には多くの報道陣や人だかりができ、一時、騒然とした。

 周辺住民によると、現在の自宅は、もともと、妻の両親が住んでいた。数年前に姉歯氏の一家が移り住んできたため、妻の両親は浦安方面に移ったという。姉歯元建築士には成人した息子が2人おり、ともにフリーター。偽装問題の発覚後、自宅に出入りしていたが、「(2人は)夜遅くに帰ってきて、朝早くに車で出たりしていた」(周辺住民)という。

 2月の本紙の取材の際、自宅から出てきた妻は「私が姉歯です」と明かしたうえで、「秀次はいません。いつ帰ってくるのか、どこにいるかも分かりません」とポツリ。その後は疲れた様子で「もう、お話しすることはありませんから…」とだけ話し、家の中に消えていた。

 姉歯元建築士は、昨年12月の衆院国交委の証人喚問以来、その姿は目撃されておらず、依然、“雲隠れ状態”。この日も姿は見られなかった。証人喚問の際、偽装に手を染めた理由について、「病気がちの妻が入退院を繰り返していた。(偽装を断ると)収入が限りなくゼロになる」と説明する一幕もあった。近隣住民によれば、偽装問題の発覚前から、妻はうつ病で入退院を繰り返しており、「最近も体調を崩していた」(住民)という。

 また、妻が以前に通っていた美容院の店員は「明るく元気な印象でした。ただ、『体がだるい』と言っていたこともありました」とだけ話した。

◆昨年12月以来“雲隠れ” 姉歯氏何処へ

 昨年12月20日に行われた自宅の家宅捜索に立ち会って以来、公の場に姿を見せていない姉歯氏。偽装問題の発覚直後から「身の危険を感じている」と自宅を離れ、ホテルを転々としているとされる。関係者によると、現在、警察の監視のもと、行動を詳細にマークされている状態。捜査本部による事情聴取も断続的に行われているという。

 ある事件関係者が「姉歯氏と話をする機会をつくりたい」と警察に問い合わせたところ、警察サイドは「居場所は答えられない」と回答。警察は、関係者が独自に姉歯氏の居場所を調べ上げた場合でも「(捜査に支障をきたすため、姉歯氏と)会う際は事前と事後に報告してほしい」とけん制してきたという。

 捜査本部は一連の耐震偽装問題の立件に向け、大詰めの捜査をしている段階。“最大のキーマン”姉歯氏に対し、慎重そのものの姿勢をとっている。


[ 2006年3月29日8時20分 (スポーツ報知)]

この事件を聞いたとき、『やっぱりねぇ~』と言うのが僕の本音でした。

きっと奥さんは姉歯氏よりもきつかったのかもしれません。

かなり追い詰められてたんじゃないでしょうか・・・?

僕はこの事件について思うのが、『姉歯、姉歯』といろいろ言われてましたが、彼1人の責任ではないと思います。

仕事がなくなったらみんな困ります。まして9割以上は木村建設の仕事だったらしいのでなおさらの事ではないでしょうか!?

こういう事件が今後2度とおこさない為にも、法改正よりも建築関係者みんながもう一度建築について見直す機会ではないのかと思います。
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-29 22:05 | ~思う心

ランチ

f0051135_1353211.jpg




僕のお昼・・・ランチとは呼べないが冷凍モノ一切なしの手作り弁当。

お茶&味噌汁付、500円の配達弁当!

電話で場所、時間を言うと持ってきてくれる。

味は文句なし、値段は安い、サービス満点!

いつもコンビに弁当だったけど、この弁当屋さんと知り合ってからは、弁当を買いに行く時間、栄養、お金、どれもメリットばかりになった。

今日も楽しみなランチ弁当いただきます。
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-29 13:06

沖縄探訪 ①

沖縄、伝統工芸研修会へと行ってきた僕。

研修半分、観光半分。満喫した沖縄ライフが遅れました。

探訪結果・・・

ブログにいいっぱい載せようと写真をとりまくってきたけれども、写真サイズが合わないため、投稿できない。どうしたらいいのだろうか?

f0051135_14481790.jpg

どうにか投稿できる写真を1つ。
沖縄は砂浜もあるのかもしれないが、僕が行ったビーチには死珊瑚のビーチだった。

珊瑚を眺めているとどうやって塗り壁に使おうか?砕く!?粉にする!?そのまま使う!?ポイント的に埋め込んでいこうか!?珊瑚の洗い出しなんてどうだろう!?いろんな壁の表情が頭に浮かんでくる。

沖縄っていいなぁ~ 僕から言わしてもらえば塗り壁の宝庫だ!

もって帰りたかったけど、そういうわけにはいかないらしいので辞めました。

沖縄探訪結果、まだまだ続く!・・・
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-24 14:54 | ~思う心

塗り壁求め・・・

塗り壁・・・

塗り壁には様々なもがある。

その中でも自分が思うにその土地独特の素材を使った塗り壁。

・・・実は明日から沖縄へと行く僕。

『何をしに?』    “伝統工芸研修会”

沖縄にはこれまた独特の“沖縄漆喰”というものがある。

名前は聞いた事はあるが、まだまだ勉強不足の為、実際に触れてみた事はない。

漆喰といっても使用用途によって様々で、屋根、壁、沖縄と言えばシーサーまでも漆喰で作ってあるとの事。

いろんな使い方、作り方、そして自然素材との出会い。

沖縄に行く楽しみがありすぎてワクワクです。
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-16 09:44 | 塗り壁日記

ホワイトデイ♪

3月14日 ホワイトデイ 今日は仕事を休んで、お返しに廻る。

もらうときは気分がいいが返すのは大変だねぇ~

1個ぐらいならいいが、今年はあまりにももらいすぎて大忙し。

モテル男はつらいねぇ~



人間、予定通りにはならないもので、去年の3月15日に来年の3月14日の予定を立てたが予定通りならず、いつもと変わらぬ日々。
スケジュールを決めるのは難しいなぁ~!?
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-14 19:19

ちょっといい話

  アイスクリーム

僕は13歳だった。土曜日、よく父と一緒に出かけた。公園にいくこともあれば、波止場に船を見に行くこともあった。家へ帰る途中、父は、デイリークィーンによって10セントのアイスクリームを買ってくれた。でも、必ずというわけにはいかなかった。帰り道、その街角まで来ると、アイスクリームやに寄ってくれるといいな、それともまっすぐ帰っちゃうのかなとドキドキしたものだ。あの街角は、期待と失望の分かれ目だった。時々、父はわざと遠回りして僕をからかった。『たまには、こっちの道を行ってみようか』そう言って。アイスクリーム屋の前を通り過ぎてしまう。あれは僕たち父子にとって、一種のゲームだった。
 
最高の日には、父はまるで珍しいことを思いついたみたいな口調で言う。『アイスクリームはどうだい?』そうすると僕は答える『いいねぇ!パパ』父に20セントもらって店に駆け込み、いつものアイスクリームを買ってくれる。僕は父を愛していたし、アイスクリームも大好きだったから、あんなに楽しいことはなかった。

ある日、家に帰る途中で、僕はアイスクリームを食べようと父が言ってくれないかなと思っていた。すると父が『今日はアイスクリームが食べたくないか』『うん食べたいな、パパ』ところが父が続けた。『私もそうなんだ。で、今日はお前がおごらないか?』20セント!20セント!僕の心は揺れ動いた。週に25セントの小遣いをもらっているし、手伝いをしてお金をもらうこともあった。だが貯金も大切だった。それに、自分で払うとなると、アイスクリームはいつもほど魅力がなかった。どうして、父にお返しする素晴らしいチャンスだと思いつかなかったのだろう?50回もアイスクリームを買ってもらったのに、1度もお返しをしなかった事にきずかなかったんだろう?だが、その時僕が考えたのは、『わぁ、20セントか!』というだけだった。利己的で恩知らずな気持ちにかられた僕は、あれ以来忘れられない返事をしてしまった。 『そんなら、今日はいらないや』父は『そうか、わかったよ』と言った。うちへ帰る途中で僕は自分の間違いに気づいた。『パパ、僕が払うよ。お願いだから引き返して』だが、父は『いいんだよ。食べなくちゃいけない物でもないんだから』と言うだけで、頼みを聞き入れてはくれなかった。僕は利己的で恩知らずな自分が許せなかった。父は僕を責めたりしなかったし、ガッカリした顔もしなかった。だからこそ、よけいに僕は後悔し、たまらない思いになった。親切にしてもらうばかりじゃいけないし、ただ『ありがとう』と言うだけでは足りないこともある。それを僕は学んだ。あの日感謝の代価はたった20セントで、アイスクリームは最高に美味しかっただろうに。

次の週、また一緒に出かけて、あの町に近ずいた時僕は言った。『パパ、アイスクリームおごるよ。』

           ~心のチキンスープより~

どうです、いい話でしょ!?
心うたれ、あらためて自分を考えさせられました。
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-13 21:20

本日の買い物

f0051135_2134319.jpg

傑作(0)
2006/3/12(日) 午後 9:30 | つぶやき | 練習用







日曜日、ちょっと欲しい物があった為に、100円ショップへと足を運ぶ。

見渡す限り100円、100円!なんでも100円!(最近100円じゃない物もたまにあるみたいだが…)

ほんとにすばらしい物がなんでもある。多分、ある程度の人は経験してると思いますが、『え~これも100円!?』ビックリするような物があると思います。逆に100円に慣れてしまったせいか、『あーこれも100円かぁ』と思うようなものもあるはず。

僕は100円ショップを廻るのが半分趣味です。日用品、カー用品、工具、事務用品・・・いろいろ。

見てるだけで欲しい物がたくさんでてきます。『アッ!これを使って壁にパターンをつけよう!』などちょっとしたヒラメキもでてきます。(成功した例は半分ぐらいですが…)

ただ全部100円なのはいいんですが、100円の魔力にいつもだまされあれも、これもと買ってるうちにいつも3000円超しちゃいます。

僕にとってはある意味3000円ショップです。

今日もだいそーいいものが買えました。
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-12 21:39

おやすみ・・・

現場の段取りがくるった為に今日はお休み。

僕のお休み→作業場へと向かう。ねかせておいた材料のチェック!

だいぶ粘り気がでてきた。色も醗酵してオリジナルな色になってきた。

f0051135_1513163.jpg

f0051135_152185.jpg

もともとは山砂。

1年間はねかせている。

もともとが砂な為、そのまま塗ると、どうしてもジュラク調。

それじゃあダメだと1癖加えるため、ねかせてみた。

山砂とは思えない色にあがった。これぞまさに天然色!

これから手を加え、塗り壁成功へとつなげなくては・・・
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-10 15:07 | 塗り壁日記

ロマーノ・アート

最近よく見かける外壁の塗り壁。

ジョリパット、ベルアート、ジュラクペンアートなどいろんな多意匠装飾塗り壁材がしようされている。

どのメーカーさんの材料もそれぞれキャッチフレーズがあるみたいだが、実際使用してみたり,試し塗りしてみたり、紙に塗って曲げたりしてみるとそれぞれいいところ、悪いところがでてきたりするもんだ。

でもそこまで大きな差はないと自分では思っている。

いろいろ使用してみたが僕のオススメはこれ!

f0051135_20342185.jpg


カタログで申し訳ないですけれども・・・

カラーサンプルはこちら
f0051135_2036783.jpg

見にくいですが

どうしても樹脂割れが出る他の材料に対してこの材料は樹脂割れが少ない。

他の材料に比べて光沢が少ないので、塗り壁の持つ雰囲気がよりよく伝わる。

気になる金額も全体的に安い。

特注色を頼んでも早めに対応してくれる。

最近外壁塗り壁材を御使用の予定の方、是非使われてみては・・・
[PR]
by eiki-819 | 2006-03-08 20:42 | 塗り壁日記